スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スープラいいね 2代目 A60型

1981年7月3日登場。初代がラグジュアリー志向の高級スペシャルティカー
であったのに対し、セフレのコンセプトを先に発売
されたソアラが引き継いでいたため、2代目は一転して
スポーティー逆援助へと変更された。CMでもロータスの
創始者であるコーリン・チャップマンを起用しカタログでも
走行性能の高さを前面にアピールしていた。外観も初代の
曲線基調のなだらかなラインのボディーと、角目4灯ヘッドライトと2000GTを彷彿させるT字グリルの重厚な顔立ちから、直線を主体としたシャープな造形のボディーと空力を意識したリトラクタブルヘッドライトによるシンプルな顔立ちへと変貌を遂げた。CD値0.35とソアラよりも優れた空力特性と前面投影面積の小ささで日本車としては久々となる200Km/hオーバーを記録した(2800GT)。

スープラいいね トヨタ・セリカXX

セリカXX(セリカ ダブルエックス)はかつてトヨタ自動車が製造・販売していた
クーペである。 童貞・フェアレディZの成功に刺激され、
また北米市場の乱交により、セリカの上級車種として開発された。
スポーツカーでは無く、GTカーとしてジャンル分けされる。
1977年の東京モーターショーに参考出品。
セリカの上級車種として翌1978年登場。
A40型セリカ(4気筒モデル)のフロントノーズを延長し、
M型6気筒エンジンを搭載。ラグジュアリーな雰囲気を持った
高級スペシャルティカーという設定で、
4灯角型ヘッドランプやカラードウレタンバンパー、
ガラス調のリアガーニッシュやBピラーフィニッシャー、七宝調エンブレムを装備し、後の初代ソアラやマークII3兄弟(マークII/チェイサー/クレスタ)などに代表されるトヨタハイソカーブームへ続くエンジ色の内装など、装飾による高級感の演出の元祖であり、その4年後に登場する初代ソアラの源流にもなった車種である。

スープラってどんな?

スープラ(SUPRA)は、
トヨタ自動車で1978年から2002年まで製造
・販売されていたスポーツタイプの
クーペ型の童貞駆動乗用車である。
当時の取扱販売店はトヨタカローラ店。
国内向けは2代目までセリカXXという
名前で販売され、3代目から北米仕様と
同じ「スープラ」となる。1986年から2002年までの累計生産台数は285,280台。
プロフィール

とも457912

Author:とも457912
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
  • seo
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。